Blog

2023-12-11 13:37:00

東光寺改修工事完成!!!

こんにちは。

年末がだんだんと近づいてきました。

日中は例年より暖かく、過ごしやすいです♪

 

東光寺に行かれたことがある方はわかるかもしれませんが、

山に囲まれ、山際にあるため、午前中はしっとりとした中で陽が差し込み趣深い情景です。

そして午後になると日が陰り冷え込みます・・・

そんな一日を感じながら、工事は日々進み、前回の話にもありました思わぬ事態も乗り越え

先日、工事が完了しました☆

 

PC087275.JPG

近くにいくと桧が香りがほのかに漂ってきます。

触ると、すべすべです( *´艸`)

PC087270-1.JPG

暖かい日中には寝転がりたくなりました♪

目の前には境内のお庭があり、癒しの場です。

ぜひ、東光寺にこられた方はこちらに座ってくつろいでください。

PXL_20231120_022647136.jpg

小さなトンボも遊びにきてくつろいでました✨

 

 

 

ではまた。

 

 

 

-sumi

 

2023-12-07 13:19:00

東光寺改修工事 続き・・・

こんにちは。

東光寺改修工事が始まった日はイチョウの黄葉が綺麗でしたが、今日はもう一枚も残っていませんでした。

桜のようにあっという間です。

 

東光寺さんの改修工事はあと少しで完成です!

工事中思わぬ事態もありましたが、追加の工事も含め大詰めです。

 

もちろん、先日のBlogで紹介したアレもご住職からのご希望もあり書いて頂きました✨

1IMG_0925.jpg 

2-MG_0923.jpg

3IMG_0924.jpg

真ん中の写真に和木家工房と書かれてるのがわかりますか?

棟梁とスタッフの名前も全員、ご住職によって書いて頂きました✨

また100年後この部分を修理する大工が現れて、見られるのかなと思うと・・・( *´艸`)

なんだか素敵ですね。

 

そして最初に書いた、思わぬ事態とは・・・

PC047206.JPG

大引きが朽ちて束柱まで届いていません💦

昔は丸太を使用し、根太を乗せる上部を平に削っていたようです。

PC047212.JPG

丸太の外側から白アリさんによって食べられています( ;∀;)

中には芯がカスカスになってしまっている木もあり、このままだと床が抜けてしまうのも時間の問題でした。

これでは危ない!ということで、こちらも急遽工事に・・・

PC057233.JPG

全て撤去して1部屋床下部分のやり替えます!

床下を覗いてみると、束柱の本数は多く、お堂の下は以前にやり替えているようでした。

一先ず安心です。

PC067253.JPG

PC077259.JPG

これなら、子どもがきて飛び跳ねても安心です。

修繕前の床のたわみもなくなりました。

あとは畳を元に戻して、お掃除して、・・・工事終了です。

 

いつもは戸建て住宅の新築やリフォーム工事が多いのですが、

今回はお寺の改修工事という特別な工事でした。

100年前の工法を見れたり、習わしに触れることができたり、経年変化を見れたりと、

初めて知ることが多く勉強させて頂きました✨

 

次はどんな工事に出会えるのか楽しみです!

 

では、また。

今年もあともう少し、体調崩さず頑張りましょう☆

 

 

 

-sumi

2023-11-17 11:23:00

東光寺 現場にて改修工事始まりました!

こんにちは☔

今日は久しぶりの雨降り日和。

こんな雨でも昨日から始まった東光寺にて,スタッフ一同作業をしています!

今回は軒があるので、ビニールシートで雨よけしての作業です。

 

昨日は改修する部分の解体作業でした!

風もなく穏やかな日差しの中での作業でした。

PB167122.JPG

イチョウも綺麗に黄葉を初めていて、東光寺周辺の紅葉も色づき始めていました!

今回の改修工事は本堂向かって右手側の入口部分です。

↓↓↓上り框部分の一段を解体しました。

PB167106.JPG

そしたら、こんなものが👀‼

PB167098.JPG

 

撤去した材木の裏に、文字が書かれていました。

お寺などの改修工事には、行った日付や大工さんの名前などが記されていたようです。昔ながらの習わし、ですね✨

東光寺自体はもっと前から建っているので、和木家工房で2回目の改修でしょうか⁉

明治23年庚寅七月二十九日

と記されています。

今から133年と110日(3か月18日)。

こんなに月日が経っています( *´艸`)

木ってこんなに長いこと持つものなんですね。物持ちがすごくいい!

今でこそ100年住宅なんて言われていますが、100年前でもそういってもいいですよね・・・

今回の修繕にしても、使えないほど木が朽ちてしまっているわけではないのです。

それにしても、133年の大工さんの名前やお寺の世話人さんの名前が記されているのは、不思議な感覚になります。

ロマンがありますね~

PB167099.JPG

 

七月二十九日と書かれているの分かりますか???

 

親方も今回書くのでしょうか・・・

これもまた、楽しみですね。

今後100年以上、次はどんな大工さんに引き継がれるのか・・・?

な~んて考えいてると、趣深い。

大工さんっていい職業ですね。

今回材料を解体すると、当然ながら釘を使わない継の仕口や木が反らないように行う蟻桟(ありさん)が見られました!

もちろん、私は社長やスタッフに教えて頂きました( ´∀` )

PB167104.JPG

果たして、次に改修する大工さんはこんな方法を継承しているのでしょうか・・・

100年以上の未来に思いをはせながら、面白い世界だな~っと勝手ながらに考えてしまいました。

 

そうです・・・

先日の削ろう会 糸魚川大会、社長しっかりと全国に成績を残していました✨

またその話も今度、ご紹介しますね♪

 

 

 

では。

 

-sumi

2023-10-12 13:01:00

7メートルの框!!!

こんにちは。

気持ちのよい秋晴れの日が続いています♪

朝晩は肌寒く、体調を崩しやすいですが、

よく食べて、よく寝て、よく動いて頑張ります💪

 

先日、東光寺のお話を紹介したのですが、

そのメイン材料ともなる大きくて長い材木が入りました!

PXL_20231011_044602563.jpg

ウマに乗っている、桧材が届いたのですが、

奥のこげ茶色の木、長さ、大きさ写真で伝わるでしょうか?

すごく立派な桧材です👀

PXL_20231011_044106404.MP.jpg

ユニック車と比べると、その長さもわかってもらえるかと・・・

こちら東光寺で使用予定の7mの框となります✨

よくぞ、よくぞ、ここまで運んで頂きました!

幅が150㎜、厚みが120㎜

こんな長い材木もすっぽり収まってしまう、ユニックでの吊り下げ可能な天井の高さ、

今までの工場より広い⁉

と思いませんか?

(^_-)実はこちらの工場・・・

 

和木家工房の第二工場とも言われています( *´艸`)

こちらが第二工場から見える絶景です❕

澄んだ日には正面に富士山🗻も見えます。

PXL_20230928_004536844.MP.jpg

 

第一工場より、さらに上の高台にあります。

大井川も一望できて、本当に気持ちの良いところです。

この第二工場にて、木材の加工を施します。

 

 

では、第一工場はというと・・・

PA117004.JPG

ただ今、家具の製作中です✨

現在、新築工事をしているT様邸の書庫に入る本棚です。

社長が業務の合間を縫って、着々と進められています☆

PA117003.JPG

 

第二工場ができてから、こういった大きな家具も第一工場では悠々とできようになりました!

今後、さらに様々なものを製作していくと思いますので、都度ご紹介していきます!

どんなものが出来るのか楽しみです♪

 

 

それでは。

 

 

 

 

-sumi

2023-10-04 09:14:00

いざ、東光寺へ・・・🍂

こんにちは。

天気によっては若干肌寒さも・・・あんなに昼間暑かったのに下がるときはあっという間です( ;∀;)

子どもの運動会も無事に終わり、秋を楽しみたいな~と密かに思ってます☆

 

先週のことですが、島田市の東光寺さんに材料を取りに伺いました!

そう!ご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、バイパスの東光寺インター東光寺です!

東光寺インターを降りて、右へしばらく行くと突き当ります⛩

ほとんどの方が左に行くかと思うのですが、、、

私も右へ行くとどこに繋がるのかな~と思ってた一人です(*‘∀‘)

PA056988.JPG

もうすぐ修繕工事が始まるため、工場では材木の加工を始めました。

ご住職から

「この木を使って欲しい」

という命を受け、材料を取りに伺った次第です。

PA056990.JPG

境内にはこのような大木がいくつも立っています。

幹に苔が生えていたり、穴があきながらも力強く立っていたり、なんとも神秘的です。

この日は雨上がりだったので、しっとりとした雰囲気で一層趣が感じられました。

引き上げた材料も数年前に境内の木を切った際に、ご住職がとっておいたものでした。

今回の修繕で使えるように、持ち帰って工場で加工します♪

PA056987.JPG

 

今回工事をする箇所は、本堂向かって右部分です。↓↓↓

PA056989.JPG

 

入口部分の床板等を取替えます✨

PA056993.JPG

社長とスタッフで、今回行う工事の話をしています。

昔ながらの工法で建てられたお寺は現代住宅とは異なります。

どこまでが取替え可能で、どう接合されているのか?

社長をはじめ、スタッフたちで共有しています☆

そして社長は釘やビスを見せない方法を考え、工場での加工方法を伝えていきます。

「しゃくり」というワードがたくさん出てきました~

PA056996.JPG

軒の木線が本当に美しい!

築数百年経っていても美しさはそのままですね。

神社仏閣を訪問すると、屋根を見上げてしまいます。

複雑なのですが、整然と組合さった木が見られ、彫り込んで意匠された部分もあったりと驚きます。

秋は地域でのお祭り行事も盛んなので、皆さんも神社仏閣へ行かれた際には屋根も見てみてください♪

では、また工事が進みましたらご紹介します!

 

 

 

 

-sumi

 

1